【EMIEW3】日立製のロボット、都庁で勤務!


日立製作所が11月2日、東京都庁舎で同社製のロボット【EMIEW3】(エミュー3)の実証実験を来月中旬から行うと発表しました。

 

これは、東京都が2018年2月末まで実施する【都庁舎サービスロボット実証実験】の1つ。多言語対話機能などを活用し、外国人を含む来庁者に対して都庁舎内の案内等を日本語と英語で行います。

 

EMIEW3は、自ら移動して、案内・接客サービスを行うことを目的に開発されたヒューマノイドロボットで、外部センサーから人物を検知する【環境認識機能】や、転倒からの起き上がり機能、複数台のロボット間で情報を共有するクラウド機能などを持っています。

 

ロボットの案内業務サポートにより、サービス品質の向上や、案内方法の最適化などを図ります。実証実験は12月中旬(第一本庁舎2階)と18年2月中旬(第一本庁舎南側展望室)の2回。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックとその後のレガシーを見据え、ロボットの可能性や有効性を検証します。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから