【AI】高速道路のひび割れ、AIで検出!


新エネルギー・産業技術総合開発機構【NEDO】が人工知能の技術を使って、高速道路のコンクリートのひび割れを検出するシステムを開発しました。コンクリートの表面が汚れていても、幅0.2mm以上のひび割れを80%以上の精度で発見します。

 

調べたい場所をデジカメやスマホで撮影し、画像をクラウド上にあるシステムに送ると、AIがひび割れを検出し、画像のどこにひび割れがあるのかを記録します。今までの技術では12%程度の検出率でしたが、今回の技術は実用化の目安となる80%以上の精度を実現したとしています。

 

従来の方法では、撮影したデータを白黒画像にして色の濃淡で境目があるところを判定していましたが、この方法だと濡れたところと乾いたところの境目などもひび割れと認識してしまうことがありましたが、新技術は実際にひび割れが映った画像をAIに学習させて検出精度を高めました。

 

2018年末まで、無料で点検事業者に提供して有用性を検証し、高速道路や橋などの点検作業の効率化を図るのが狙いです。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから