【内視鏡】AIでがん発見!NECと国立がんセンターが共同開発!


日本電気(NEC)と国立がん研究センターが7月10日、内視鏡の検査の際にAIを用いて大腸がんや大腸腫瘍性ポリープを自動検知するシステムを開発したと発表しました。

 

内視鏡検査時に撮影した画像から自動検知してリアルタイムで診断します。

 

肉眼での発見が困難な発生部位や病変など、医師の技術格差によるがんの見逃しを防ぐのが目的で、これを用いて約5000枚の内視鏡画像を診断したところ、早期がんの発見率は98%に達したとのことです。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから