【顔認証】2017年10月より羽田空港に専用ゲート設置へ

法務省は10月中旬より、羽田空港の入国審査に【顔認証ゲート】を導入します。

 

日本人の旅行者が帰国した際に、パスポートに埋め込まれたICチップ内の顔画像と、その場で撮影した顔画像を照合し、同一と判定されると、入国審査官の証印入国ゲートを通過できます。

 

増加する外国人観光客の対応の為、日本人の帰国審査を簡略化し、入国審査官を外国人の審査に多くあてるのが目的で、今後は出国手続きにも利用する計画です。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから