【自動学習】接客ロボット、商店街などに導入へ

国際電気通信基礎技術研究所【ATR】が、サービス業・小売業の店員が接客する様子を、人型ロボットがセンサーで読み取って学ぶ【見よう見まね技術】を開発したと発表しました。店員の接客をロボットが自動で『見て覚える』ため、プログラミングする作業が不要で、ロボットを導入する際のコスト削減につなげる狙いです。

 

店員が専用のスマートフォンアプリから【客に近づいてしゃべる】【店舗前で呼び込み】などの作業内容を選び、ロボットの前で実演すると、ロボットが背面に搭載した360度対応のレーザー距離計、店舗天井の環境センサー、内蔵マイクを使って、店員の動や来店者との距離感、会話内容などを自動的に学習し、その通りに実行します。

 

すでに大阪の複合商業施設【アジア太平洋トレードセンター】内の5店舗で実証実験を行い、有用性は確認済みとの事で、今後は他のIT企業などと連携し、商店街などへの導入を進めていきます。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから