走行中に給電!?夢の新技術【路面給電】始動!

 

自動車の環境規制が厳しくなり、EV(電気自動車)が注目される中、東京大学がこれらを解消する走行中給電の技術開発に成功しました。

 

走行中給電は電車のように、走行中の車両に電気を供給する仕組みで、電車の場合は架線や線路を通じて給電しますが、EVでは高速道路などにコイルを敷設し、その上を車両が通過するときにワイヤレスで給電します。もし実現されれば自動車の発明以来初めて【給油作業】が不要になる革新的な技術となります。

 

さらに、車輪の近くにブレーキをかけた際に生じる回生エネルギーをためる蓄電器も設置し、加減速による電気の出入りを局所的に処理することで、エネルギーのロスを最小に抑えました。

 

重要な車の価格ですが、むしろ安くなるとのこと。現在のEVで東京-大阪間【約500km】をノンストップで走るにはおよそ2倍のバッテリーを積む必要がありますが、走行中給電なら現在の半分程度で済みます。

 

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)など国の機関も後押ししていて、一般道路の交差点付近や登坂車線など速度が落ち、効果的に給電できる場所から導入していく構想が練られています。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから