パナソニック、顔を隠しても見分ける顔照合技術を開発

 

5月10日、パナソニックがシンガポール国立大学と共同で、世界最高水準の顔照合技術を開発したと発表しました。独自のアルゴリズムにより、マスクやサングラスなどで一部が隠れた状態でも顔の照合ができます。

 

従来の顔照合技術では、マスクやサングラスなど一部顔が隠れている場合、屋外で照明が強い場合、左右45度以上の顔向きが付いた場合に、照合に失敗してしまうという課題がありました。パナソニックは2015年度からシンガポール国立大学と共同で顔照合技術の性能改善に着手し、ディープラーニングと呼ばれる機械学習手法のネットワーク構造を改良し、一部顔が隠れている場合や、真横を向いていても個人を判別できる有効な特徴を抽出したとのことです。

 

パナソニックは今後、この技術を商用化して、本人確認や映像セキュリティなどへ展開し、出入国管理や公共施設の監視、入場管理などの場面で活用していく予定です。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから