地域の交通事情解決!?進化する自動運転バス

 

横浜市とDeNAは4月24日、【無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト】を開始しました。
今後、初心者ドライバーの増加が予測される地域の交通課題を、無人運転などの先端技術を用いて解決することが目的です。横浜市内で自動運転車を用いた実証実験やデモンストレーションを進め、まずは私有地などの限定地域での実用化を目指します。

プロジェクトの立ち上げに際して、ロボットシャトルの試乗会と記者発表会が横浜市の金沢動物園で開催されました。

これまでDeNAは、ロボットシャトルを用いた実証実験を福岡県福岡市、神奈川県横須賀市、秋田県仙北市、千葉市幕張新都心で繰り返してきています。

自動車メーカーが開発を進めている自動運転技術は、移動手段としてはパーソナルモビリティですが、DeNAが開発を進めている自動運転バスは公共交通です。

しかし実用化には自治体やバス事業者との連携が不可欠です。
「自動運転のハードウェア面の技術はもちろん、車両のメンテナンスや、運行頻度や運行ルートといった運用面のノウハウ、車両の必要台数など、自治体や地域のバス事業者との連携が必要です。」とのこと。

地域の活性や交通事故の削減など、今後に期待です!

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから