JR西日本、乗務員の睡眠改善支援システムを導入

 

JR西日本と富士通が4月19日、乗務員の睡眠改善をサポートするため、個々の乗務員に合った効果的な睡眠改善のアドバイスや、睡眠状態の可視化を行うシステムを開発したと発表しました。

JR西日本は、鉄道の安全確保に欠かせない乗務員の業務レベル向上に向けて、睡眠を改善する取り組みを行っていましたが、その一環として、富士通と共同で、より簡単かつ効果の高い睡眠改善を実現するシステムの導入に向けた検討を進めてきました。

今回発表したシステムは、センサーにより自動計測したデータから睡眠状態を分析、可視化し、睡眠改善のアドバイスを行います。

乗務員が就寝時に装着したセンサーにより、就床・起床時間、睡眠状態などのデータを計測し、専用端末によりデータを読み取り、就床、入眠、睡眠、覚醒、起床といった睡眠状態を可視化します。

さらに、専門家による分析アルゴリズムで計測データを分析し、個々の乗務員にマッチングした睡眠の質を改善するアドバイスを提示します。

JR西日本は、このシステムを2017年度中に乗務員が所属する全ての職場63カ所へ導入し、睡眠改善の取り組みを推進していく方針です。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから