棚卸し業務効率化!?コンビニ大手、全商品に電子タグ!

 

経産省が【コンビニ電子タグ1000億枚宣言】を策定しました。ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、ミニストップ、ニューデイズの5社が2025年までに取り扱い全商品に電子タグを付けます。5社は経済産業省が策定した【コンビニ電子タグ1000億枚宣言】に合意し、棚卸し業務の効率化や、セルフレジの導入など、従業員の負担軽減につなげるとしています。

これにより、商品がいつ、どこに、どの程度流通しているかが把握できるようになり、レジや検品、棚卸し業務の高速化などが期待できるとのことです。試験的に電子タグを導入した実証実験では、従業員の業務負担が軽減され、導入前と比べて売り上げと客数が約2倍になるなどの効果が確認されました。

さらに、店内に電子タグに反応する防犯ゲートを設置して万引きを防止したり、消費期限管理を効率化し期限切れによる食品ロスを減らすなどの活用も見込まれます。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから