NTTドコモ【浮遊球体ドローンディスプレイ】を開発!光の残像を使い全方位に映像

 

NTTドコモが4月17日、全方位に映像を映しながら飛行できる【浮遊球体ドローンディスプレイ】を開発したと発表しました。ドローンの周囲をLEDが付いたフレームで覆い、空中で高速回転させることで、【光の残像】によってディスプレイができるという、世界初の技術です。

ドローンの直径は最大約88cmで、重さは約3.4kg。ディスプレイのサイズは、縦(半周)144×横(全周)136ピクセルです。

ライブ会場やコンサートなどの空中での演出に使ったり、イベント会場を飛び回って広告を表示するアドバルーンのように活用したりできるとのこと。2018年度の商用化を目指します。

個人で扱えるドローンが実用化されて数年、今後はどんな応用技術を見れるのか。今から楽しみですね!

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから