無人宅配!?【ロボネコヤマト】神奈川で実験スタート!2018年に自動運転導入へ

ヤマト運輸とDeNA(ディー・エヌ・エー)が4月17日、自動運転車による宅配サービスの実現を目指すプロジェクト【ロボネコヤマト】の実証実験を、神奈川県藤沢市で開始しました。現時点では原則としてドライバーが運転するが、ドライバーが乗っていないことを想定して、荷物の受け取りはユーザーが自ら行います。

車内に保管ボックスを取り付けたEV(電気自動車)を使用し、ユーザーがスマートフォンを通じて、荷物を受け取る時間帯と場所を指定できる【ロボネコデリバリー】と、地元商店の商品をweb上でまとめて購入して運んでもらう【ロボネコストア】の2種類のサービスを提供します。

実証実験は2018年3月31日までで、テスト期間中の2018年をめどに、一部の配送区間で自動運転を導入するとしています。

先日配送料の値上げが発表されて通販好きな方に衝撃を与えましたが、無人化で配送料が安くなることを願うばかりですね。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから