YouTubeが動画への広告掲載に新たな条件追加【再生回数10,000回以上のチャンネル】

 

米YouTubeが現地時間の4月6日、動画コンテンツ投稿者に広告収入を分配する【YouTubeパートナープログラム】の利用に【再生が10,000回以上のチャンネル】という条件を設定しました。今月6日から有効になり、これまで再生回数が10,000回未満のチャンネルが同プログラムを通じて得た収入には影響しないとのこと。

本人の許可なく他人の動画を投稿して収入を得る行為や、人気のチャンネルを使用して動画を配信する「なりすましチャンネル」などへの対策だといいます。

また、今月中を目途にYouTubeパートナープログラムへの新規申し込みの際にレビュー・プロセスが追加され、再生回数10,000回に達したのち、YouTubeのプライバシーポリシーに照らし合わせて申請ユーザーのそれまでのアクティビティを審査するとのこと。

現在、動画配信して広告収入で生活をしている人気のユーチューバーが増えている中、その人気に便乗したり、無断転載をして広告収入を得ようとする悪徳ユーザーの方もチラホラ見かけますよね。

今回の新条件でそういった動画が少しでも減ってくれれば本家の方々も喜ばれるのではないでしょうか。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから