NASAの土星探査機【カッシーニ】、打ち上げから20年、9月に大気圏突入で引退へ 

アメリカ航空宇宙局(NASA)が現地時間の4月5日、土星探査機【カッシーニ】を9月中旬に土星の大気圏に突入させる計画を発表した。この計画をもってカッシーニの全てのミッションが終了する。

カッシーニは、アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)が共同で開発し、1997年に土星へ向けて打ち上げられた宇宙探査機。土星の衛星【タイタン】が地球のように雨や川、湖、海を持つ世界であることを発見し、同じく土星の衛星【エンケラドゥス】の地下海から吹き出す噴煙を初めて観測するなどの成果を上げていたが、約20年に渡る探査で燃料が不足し、引退が決まったとのこと。

土星の大気圏への突入は9月15日を予定し、まず土星とその輪の間に入り、その後は土星の雲の映像を撮影したり、土星の輪や大気中の粒子をサンプリングしたりと【惑星の内部の構造や輪の起源を探る】とのことです。

先日もNASAが地球から40光年ほどの距離に地球サイズで生命居住可能な惑星を発見したと発表して大ニュースになりましたが、どんどん進んでいく宇宙開発・・・今度はどんな発見があるのでしょうか!

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから