ゼンリンと東京電力がドローンと送電線との衝突を防ぐ「ドローンハイウェイ」を共同開発。


3月29日、ゼンリンと東京電力ホールディングスは送電鉄塔、送電線等の高さ・位置のデータを元に3次元の地図を作成してドローンが安全に飛行できるよう支援する「ドローンハイウェイ構想」を発表しました。荷物の配送業務や地震などの災害現場の空撮などへの利用が見込み、2019年度の実現を目指しています。

ジャパンクレールへのお問い合わせはコチラから